一瀬王子

九十九王子の一つで、別名清水王子、伊野王子と呼ばれる。建仁元年(1201年)の「熊野御幸記」に「一瀬王子」と記され、その名は、熊野旨の垢離場であった一ノ瀬に由来する。 一ノ瀬とは最初の徒歩地点の川瀬のことで、熊野に入るためのみそぎの地。江戸初期すでに王子跡は不明になっていたが、紀州藩の命により調査、判明し、寛文6年(1666年)再興された。 明治40年(1906年)春日神社に合祀され、現在の境内には周囲メートルの余の大樟の傍らに小祠が祀られ、一瀬王子の碑が建てられている。

この記事に関するお問い合わせ先

総務政策課 まちづくりグループ

〒649-2192
和歌山県西牟婁郡上富田町朝来763番地
電話番号:0739-34-2370 ファックス:0739-47-4005

メールでのお問合せはこちら

更新日:2018年01月04日