八上神社 サイトマップ

トップ> 観光・名所


 
    八上王子は熊野九十九王子の1つで、今の八上神社であり、建仁元年(1201年)の『熊野御幸記』に「ヤカミ王子」とあり、古くから崇敬されていました。西行法師の『山家集』に、
  「待ち来つる 八上の桜 咲きにけり
        荒くおろすな
三栖の山風」
とあり、八上王子の名が広く知られています。王子は住民の信仰があつく、産土神社となり社叢も保護され、最もよく神社の形態が保たれています。<国指定史跡>