郵便橋 サイトマップ

トップ> 観光・名所


郵便橋の由来

 明治四年(一八七一年)近代郵便制度が始まり翌五年には紀南の村々にも郵便取扱所(郵便局)が開設された。この時点は南北からの手紙が受け渡しされたところから郵便引継所と呼ばれた。 当時富田川の各所にはいくつかの渡しがあったが、この渡しだけが唯一郵便を乗せるため県営で行われていた。 対岸に船が向かっているときでも行嚢(郵便袋)担いだ郵便持ちの姿が見えると船を引き返して乗せたといわれる。 その後、渡し船は廃止されたものの流れる川の瀬に板橋を架け郵便物の逓送が続けられたこの頃から誰言うとなく「郵便小橋」と呼ぶようになった。 また、大雨などで板橋が流される度に板橋が架けられた。 明治三年(一八九〇年)頃和歌山県は思い切って両岸に跨がる大橋(県下で二番目)を架け「郵便橋」と命名したのもその由来によるものである。

郵便橋の歴史


 明治四年に郵便制度ができました。 当時、郵便物を運ぶ渡し舟がありました。 渡し場は、現在の郵便橋と不動山の間にあり、その位置ははっきりしません。 最初に橋が出来た年代は不明ですが、場所は、現在の橋より約二百メートル川上です。 明治三十年代は板橋で幅員約二.一メートル(七尺)のものでした。 二代目は、明治四十年代に架設され、木橋の土橋で、幅員は約四.二メートル(十四尺)のものでした。 三代目は、昭和二年三月で、幅員四.五メートル。鉄桁の土橋。その後、昭和二十年夏、鉄桁を戦時提供しました。 四代目は、昭和二十二年、木橋の土橋となります。 五代目の鉄桁コンクリート橋は、昭和三十一年度着工〜三十三年度完成。 幅員五.五メ−トル。総工事費五千四百八十八万七千円。 工事中、川底を掘っていくと、大木(明治水害で埋まったと考えられる)があり、苦労したといわれます。 郵便橋という名前の橋は日本でただ一つだそうです。 今まで使われていた「郵便橋」という橋名板は、逓信博物館に送られ保存されています。