スプレー缶製品の廃棄について注意!

 制汗スプレーや殺虫スプレーなどの、いわゆる「スプレー缶(エアゾール缶)」には可燃性ガスが含まれているのをご存知ですか?正しく使用し、正しく廃棄しないと、とても危険です。スプレー缶のほとんどは、LPGなどの可燃性ガス噴射剤として使われている製品が多いので、使用前に必ず製品に記載されている注意書きを確認してください。

スプレー缶、カセット式ガスボンベは、中身を使い切り、穴をあけず【資源ごみ】として出してください。

下記リンク先に詳しい説明がありますのでご覧ください。

一般社団法人日本エアゾール協会

http://www.aiaj.or.jp/safety.html

スプレー缶などの使い切り、出し切りリーフレット(PDF:3.4MB)

 

 

 

スプレー缶(エアゾール缶)

  1. 缶を手で振って中身の有無を確認してください。
  2. 「サラサラ」「チャプチャプ」など音がしたらまだ中身が残っています。必ず使い切りましょう。
  3. 商品に付属されている「ガス抜きキャップ」で出し切ってください。(音がしなくてもまだ中身やガスが残っている場合があります。)

※「ガス抜きキャプ」がない場合は、スプレーボタンを押して完全に出し切ってください。

中身を出し切る際は下記の点にご注意ください。

  • 風通しが良く、火気のない屋外で、人にかからないように風下に向けておこないましょう。
  • 新聞紙にふきつけたり、段ボールで囲うなど周辺への飛散に配慮しましょう。
  • キャップ、ボタン等は[プラスチックごみ]として出しましょう。取れない場合はそのまま[資源ごみ]として出しましょう。

※腐食等で使用に不安があるもの等につきましては、商品に記載の”お客様相談室”や”販売元”にお問合わせください。

カセットボンベ

  1. コンロにセットし、お湯を沸かすなどしてガスを使い切ります。
  2. シャカシャカとした音がするとガスが残っていますので数回着火作業を行い、火がつかないことをご確認ください。

※未使用で長期保存していたもの、腐食等で使用に不安があるもの等につきましては、商品に記載の”お客様相談室”や”販売元”にお問い合わせいただくか下記『カセットボンベお客様センター』へお問合わせください。

カセットボンベの処理についてのご質問は

一般社団法人日本ガス石油機器工業会

【カセットボンベお客様相談センター】

フリーダイヤル0120-14-9996

 

この記事に関するお問い合わせ先

住民生活課 生活グループ

〒649-2192
和歌山県西牟婁郡上富田町朝来763番地
電話番号:0739-34-2373 ファックス:0739-47-4005

メールでのお問合せはこちら

更新日:2018年12月21日