防災エクサダンス

このたび、上富田町では防災エクサダンスを制作しました。 上富田町防災エクサダンスは、国立大学法人和歌山大学、和歌山県立熊野高等学校、上富田町が共同でエコノミークラス症候群を予防することを目的に開発したダンスです。
  エクササイズの運動性とダンスの楽しさを、音楽のリズムと融合させたことからエクサダンスと命名しました。この防災エクサダンスが地域の方々の防災教育や体力づくりに継続的に活用されることを願っています。
  平成28年3月

上富田町防災エクサダンスの完成のお知らせ(PDF:126.4KB)

ダンス

ダンスの振付は和歌山県立熊野高等学校 KUMANOサポーターズリーダーがイメージソングに合わせて、ダンスの初心者から経験者までをカバーするため、難易度が異なるパターンの振付のダンスを制作しました。

彦五郎エクサダンス ~riverside story~

上富田町内の自然・歴史・文化溢れる観光スポットなどで撮影し、上富田町の魅力がたくさん詰まったPR映像です。

レッツトゥギャザーバージョン

防災エクサダンスの解説映像です。

シッティングバージョン&イージーバージョン

簡単で踊りやすく座ったままでもできるダンスです。

イメージソング

イメージソングは熊野高校出身のシンガーソングライターの古家学氏が(彦五郎エクサダンス ~riverside story~)の制作を担当しました。この曲の歌詞は上富田町の一日の始まりから終わりまでをイメージし、先人達が作り上げてきた歴史や文化、災害に苦しんだ人達の未来へつなぐ平和への願いを込めた内容で、曲調はダンス向けに軽快なテンポとなっています。この曲は上富田町のイメージソングとしてイベント等様々な場面で活用する予定です。

イメージソング

イメージソング

彦五郎エクサダンス ~riverside story~

  作詞・作曲・編曲・歌唱 古家 学


 
1番

今日も上富田に朝が来て
笑顔の挨拶で始まる一日
すれ違う人皆馴染みの声ばかり
「おはよう」で繋がる心のぬくもり

歴史文化溢れるここは口熊野
山間の川沿いに広がる田園地帯
命繋いできた人々の暮らし
語り継がれているriversidestory

その昔大雨の度に氾濫した富田川
災害に苦しみ悲しむ村人
川沿いの堤防に
その身を捧げた二人の尊い命

大切なこと未来へ繋ごう
当たり前のような毎日も
たくさんの願い詰まった軌跡
笑顔行き交う町上富田

  ララララララララ…

2番

今日も上富田の夕暮れに響く
夕焼け小焼けの明日に続くメロディ
彦五郎公園お掃除のオッちゃん
自転車帰り道「ありがとう」の声

自然の中でずっと育まれてきた
先人達の知恵
災害から学ぶ事はとても多くて
今ここにある命決して無駄にはしない
守るべきものがあなたにもあるなら

大切なこと未来へ繋ごう
当たり前のような毎日も
たくさんの願い詰まった軌跡
笑顔行き交う町上富田

今日もこの町に朝日が射して
「おはよう」の言葉響いてる
 きっと今でもあの人達も見守っている笑顔溢れる町上富田

ララララララララ…

注釈 イメージソングの著作権は上富田町が保有しています。上富田町及び防災エクサダンスの広報啓発を目的として使用する場合は自由にお使いいただけます。

この記事に関するお問い合わせ先

総務政策課 行政グループ

〒649-2192
和歌山県西牟婁郡上富田町朝来763番地
電話番号:0739-47-0550(代表) ファックス:0739-47-4005

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年12月01日