医療費控除を受けられる方へ

医療費の領収書について、事前に確認及び整理を行ってください。整理方法は次のとおりです。

 1.平成29年中に支払ったものだけが控除対象です。領収日を確認してください。

 2.領収書は、個人ごとにわけてください。

 3.個人ごとにわけた領収書を、さらに病院、薬局ごとにわけてください。

 4.わけた領収書をそれぞれクリップでとめ、金額を集計してください。

医療費の対象とならないもの(例)

 ・インフルエンザなどの予防接種費用

 ・健康増進や疾病予防などのための医薬品の購入費(特定一般用医薬品等購入費は除く)

 ・人間ドックなど健康診断のための費用(ただし、健康診断で重大な疾病が発見され、引き続き治療を受けた場合は対象となります。)

 申告相談時間、待ち時間短縮のためにも、ご協力をお願いします。なお、収入状況等により、医療費控除を受けなくても所得税や住民税がかからない場合があります。その場合は、医療費の計算をせずにお返しすることになりますので、ご了承ください。医療費控除は税額計算する上での控除であり、医療費の還付ではありませんのでご注意ください。

医療費控除に係る添付書類が変更されます。

 医療費領収書の添付省略

 従来、医療費控除を受けるためには、医療費の領収書又は医薬品の領収書を確定申告に添付するか、確定申告の際に提示することが要件となっていましたが、平成29年分の確定申告(平成30年度町県民税の申告)から、これらに代えて、以下の書類のうちいずれかを添付しなければならないこととなりました。

 ・医療費、医薬品の明細書

 ・医療保険者等から交付を受けた医療費通知書

※ただし、医療費、医薬品の明細書を確定申告書に添付又は提示した際は、医療費等の領収書は5年間保存する必要があります。(税務署から領収書の提示又は提出を求められる場合があります。)この改正は、平成29年分以後の確定申告書について適用され、平成29年分から平成31年分までの確定申告については、改正前の医療費の領収書の添付又は提示して医療費控除を適用することができます。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の創設

 平成28年度税制改正で、適切な健康管理の下で医療用薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病への予防として一定の取組を行っている個人が、平成29年1月1日から本人や本人と生計を一にする親族のために特定一般用医薬品等購入費(医師によって処方される医療用医薬品からドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品の購入費)の合計額が1年間に1万2千円を超えて支払った場合には、1万2千円を超える額(控除限度額8万8千円)が所得控除できる特例が創設されました。(従来の医療費控除との選択適用となります。)

 

≪適用期間≫

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの5年間

(平成29年分の所得税、平成30年度の個人住民税から5年間適用)

≪適用要件とされる取組≫

 次の1から5のいずれか1つに該当する検診又は予防接種(医師の関与があるものに限る)を受けていることが要件とされます。

 1.特定健康診査(いわゆるメタボ検診)

 2.予防接種

 3.定期健康診断(事業主検診)

 4.健康診査(いわゆる人間ドック等で、医療保険者が行うもの)

 5.がん検診

※注意

 申告の際には、検診等又は予防接種を受けた「一定の取組」を明らかにする書類が必要です。 例えば、インフルエンザ予防接種の領収書や人間ドックやがん検診を受けた領収書又は結果通知表などです。

 検診等又は予防接種に要した費用は、スイッチOTC薬控除の対象にはなりません。

  現行の医療費控除 スイッチOTC薬控除
対象となる方

本人や本人と生計を一にする

配偶者やその他の親族

本人や本人と生計を一にする配偶者や

その他の親族

ただし、そのうち健康の保持増進及び疾病の予防への取組として政令で定める取組をうけている方

対象期間 各年1月1日から12月31日まで

各年1月1日から12月31日まで

ただし、平成29年1月1日から平成33年12

月31日までに各年分ごとに支払った

費用が対象(平成30年度分から5年間分

の住民税に適用)

対象となる費用(A)(B) 支払った医療費(A) スイッチOTC医薬品の購入費(B)
控除額

(A)-保険金などで補てんされる

金額-(総所得金額等の合計額×5%又は10万円のいずれか少ない方の金額)

(B)-1万2千円
上限 200万円 8万8千円

 

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 課税グループ

〒649-2192
和歌山県西牟婁郡上富田町朝来763番地
電話番号:0739-34-2371 ファックス:0739-47-4005

メールでのお問合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年01月04日