弾道ミサイルが発射された場合にとるべき行動について

 他国より弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)により防災行政無線、緊急速報メール等により情報が伝達されます。

 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に取るべき行動と行動に関するQ&Aについて、次のリンクを参考にしてください。

 また内閣官房国民保護ポータルサイトのホームページには、このような際に身を守るためにどのような行動をとるべきか等についても掲載されています。

外部リンク

この記事に関するお問い合わせ先

総務政策課 行政グループ

〒649-2192
和歌山県西牟婁郡上富田町朝来763番地
電話番号:0739-47-0550(代表) ファックス:0739-47-4005

メールでのお問合せはこちら

更新日:2017年12月01日