○上富田町議会事務局処務規程

昭和47年3月31日

議会規程第1号

第1条 事務局の処務については、法令その他に定めるものを除くほか、この規程の定めるところによる。

第2条 事務局職員の職名は、次のとおりとする。

(1) 事務局長

(2) 局長補佐

(3) 係長

(4) 書記

第3条 事務局長は、議長の命を受け局務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 局長補佐は、上司の命を受け所管事務を掌理する。

3 事務局長に事故あるときは、局長補佐がその職務を代理する。

4 係長及び書記は、上司の指揮を受け分担事務に従事する。

第4条 事務局の事務は、概ね次のとおりとする。

(1) 会議の開催に関すること。

(2) 議案、請願、陳情及び意見書に関すること。

(3) 議事日程及び諸般の報告に関すること。

(4) 議会において行う選挙に関すること。

(5) 公聴会に関すること。

(6) 議件事件の処理に関すること。

(7) 会議録の調製に関すること。

(8) 傍聴人の取締りに関すること。

(9) 公印の管守に関すること。

(10) 文書の収受発送及び整理保存に関すること。

(11) 議会費の予算差引に関すること。

(12) 議員共済会に関すること。

(13) 各種調査、資料の収集及び統計に関すること。

(14) 関係法令規の調査研究に関すること。

(15) 議員提出議案の立案調整に関すること。

(16) その他議会庶務に関すること。

第5条 事務の処理は、すべて事務局長を経て議長の決裁を得なければならない。

2 議長に事故があるときは、副議長の代決を得なければならない。

3 議長、副議長ともに事故があるときは、事務局長が代決する。その代決事項で重要なものは、事後その文書を議長の閲覧に供さなければならない。

第6条 次に掲げる事項は、事務局長において専決することができる。

(1) 職員の日帰り出張、休暇、欠勤に関すること。

(2) 職員の時間外勤務に関すること。

(3) 軽易な事項についての報告、照会、回答に関すること。

(4) その他軽易な事項の処理に関すること。

第7条 この規程に定めるもののほか事務の処理について必要な事項は、上富田町文書事務取扱規程(昭和44年規程第3号)その他関係規程を準用する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年6月20日議会規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年4月6日議会規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年6月25日議会規程第1号)

この規程は、平成16年7月1日から施行する。

上富田町議会事務局処務規程

昭和47年3月31日 議会規程第1号

(平成16年7月1日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
昭和47年3月31日 議会規程第1号
平成7年6月20日 議会規程第1号
平成10年4月6日 議会規程第2号
平成16年6月25日 議会規程第1号