○上富田町平和な町づくり運動推進協議会規約

昭和55年9月8日

規約第5号

(目的)

第1条 この会は、町民総ぐるみで町の平和を願望し、暴力追放への運動を推進するため相互の理解と協力による実践、日常活動を通じて、明るい、住みよい、平和な上富田町の実現を期することを目的とする。

(名称)

第2条 この会は、上富田町平和な町づくり運動推進協議会(以下「協議会」という。)という。

(事業)

第3条 第1条の目的達成のため、次の事業を推進する。

(1) 平和な町づくりのため必要な事業

(2) 町民総ぐるみの「暴力追放」運動への指導活動

(3) 各種機関、団体との必要効果的な連携と対策

(組織)

第4条 協議会は、委員80人以内をもって組織する。ただし、委員は、町行政、議会、附属機関及び委員会、各種団体の役職員の中から町長が選任委嘱する。

2 委員の任期は、2年とする。ただし、機関及び団体選出の役員並びに委員であるときは、その任期とする。

3 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員は、非常勤とする。

(役員)

第5条 協議会に次の役員を置く。

(1) 実行委員20名以内(会長1名、副会長2名を含む。)

(2) 実行委員は、協議会において委員が互選する。

(3) 会長及び副会長は、実行委員の互選により選任する。

(4) 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(顧問)

第6条 協議会に顧問を置くことができる。

2 顧問は、若干名とし、町長が委嘱する。

3 顧問は、会長の諮問に応じ、協議会の運営に関し、必要な助言を行うほか、会議(実行委員会)に出席して意見を述べることができる。

(役員の職務)

第7条 会長は、会務を掌理し、協議会を代表する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、又は欠けたときは、副会長がその職務を代理する。

3 実行委員は、委員会を構成し、基本的事項を決定する。

(事務局)

第8条 協議会の事務は、会長の命を受け総務政策課において所掌する。

(会議)

第9条 協議会の会議は、会長がこれを招集する。

2 会長は、会議の議長となる。

3 協議会の会議の議事、そのほか会議の運営に関して必要な事項は、会議で定める。

(実行委員会)

第10条 委員会は、委員の互選により定めた者をもってこれを組織する。

2 委員会の議事、その他委員会の運営について必要な事項は、規程で定める。

(協議会の規程)

第11条 協議会は、その会議を経て、この規約に定めるものを除くほか、協議会の担任する事務の管理及び執行、そのほか協議会について必要な規程を設けることができる。

附 則

この規約は、昭和55年9月8日から施行する。

附 則(平成2年10月22日規約第9号)

この規約は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年6月25日規約第2号)

この規約は、平成16年7月1日から施行する。

上富田町平和な町づくり運動推進協議会規約

昭和55年9月8日 規約第5号

(平成16年7月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第7章 附属機関等
沿革情報
昭和55年9月8日 規約第5号
平成2年10月22日 規約第9号
平成16年6月25日 規約第2号