○上富田町敬老年金給付条例施行規則

昭和46年6月25日

規則第6号

(目的)

第1条 この規則は、上富田町敬老年金給付条例(昭和46年条例第11号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(住所又は居所)

第2条 条例第2条に規定する上富田町内に1年以上居住する者とは、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく当町の住民基本台帳に記録されている者とし、住民基本台帳に記録された住民となった年月日又は外国人住民となった年月日を起算日とする。

(受給資格の基準日)

第3条 受給資格は、その年の9月1日現在において本町に住民登録を有し、現に居住している者とする。

(支給の特例)

第4条 年金の受給資格を有するものが死亡したときは、その死亡した者に支給すべき年金があるときは、これを遺族に支給する。

2 前項の年金を受けることができる遺族は、死亡した者の配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹であって、その者の死亡当時その者と生計を同じくしていたものとする。ただし、2名以上ある場合は、1名とする。

(年金証書の再交付及び返還)

第5条 年金受給者は、年金証書を亡失又は破損したときは、再交付を受けなければならない。

2 年金受給者は、再交付申請書を提出し再交付を受けた後に、亡失した年金証書を発見したときは、ただちにその旨を町長に届け出て先に交付を受けた年金証書を返還しなければならない。

3 年金受給者が受給資格を失うに至ったときは、速やかにその旨を町長に届け出て、年金証書を返還しなければならない。

(年金証書の書換)

第6条 年金受給者が次の各号の1に該当する場合は、年金証書を添えて変更届を提出しなければならない。

(1) 氏名の変更をしたとき。

(2) 町内において住所を変更したとき。

(年金支払の場合)

第7条 年金の支払は、本庁及び各出張所において支払う。

(申請書等の様式)

第8条 条例又はこの規則による申請書の様式については、別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 条例第2条の受給資格を有するものについては、昭和45年9月1日から適用する。ただし、条例施行前死亡した者については、これを支給しない。

附 則(平成5年4月1日規則第5号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成22年9月24日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年7月9日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

上富田町敬老年金給付条例施行規則

昭和46年6月25日 規則第6号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
昭和46年6月25日 規則第6号
平成5年4月1日 規則第5号
平成22年9月24日 規則第18号
平成24年7月9日 規則第14号