○人員輸送車(マイクロバス)使用規程

平成24年11月20日

規程第5号

人員輸送車(マイクロバス)使用規程(昭和62年規程第1号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規程は、人員輸送車両(マイクロバス)(以下バスという。)の使用について必要な事項を定め、円滑な運行管理を図ることを目的とする。

(対象車両)

第2条 対象車両については、

(1) 和歌山200さ・664号(1号車)

(2) 和歌山200さ・・46号(2号車)

とする。

(使用申請)

第3条 このバスを使用しようとする者は、予め人員輸送車(マイクロバス)使用許可申請書(別記第1号様式)を町長に提出し、許可を得なければならない。提出期限は、使用の1週間前までとする。

2 前項の申請に当たっては、事業(行事)計画及び行程表を添付することとする。

(使用の制限)

第4条 このバスは、町及び町内の次の各号の機関並びに団体が次項に規定する目的にのみ使用できるものとする。ただし、緊急事態その他止むを得ない事由により使用用件が生じた場合においては、この限りではない。

(1) 教育委員会

(2) 農業委員会

(3) 学校

(4) 公民館

(5) 農林業(普及事業)関係団体

(6) 福祉関係団体

(7) 社会教育団体

2 このバスは、次の各号に掲げる場合において使用できるものとする。

(1) 町が主催する事業及び行事、又は行政活動に使用するとき。

(2) 町に事務局を置く団体が主催し、又は参加する行事に使用するとき。

(3) 町内の団体が町を代表して行事に参加するとき。

(4) 町内の各種団体が、その団体の資質向上のために実施する研修、文化活動及び各種大会等へ参加するため必要なとき。

(5) その他町長が必要と認めるとき。

(使用者の責務)

第5条 このバスの使用者は、次の各号について全部の責任を負うものとし、町及び関係機関に責務を要求しないものとする。

(1) 使用日の運転専従者の確保及び日当の支払い。ただし、運転専従者の確保については、上富田町マイクロバス運行業務委託契約書に基づき、上富田町マイクロバス運行業務使用申請書(別記第2号様式)により委託業者に依頼することができる。

(2) 使用前後の車両点検

(3) 使用日の燃料代の負担及び搭乗者保険料相当額

(4) 使用後のバスの洗車、清掃

(5) 破損及び事故発生時の場合の報告並びに事後処理等の報告

(6) 使用中における破損、事故についての補償等すべての責務

(7) 定員内運行厳守及び交通安全上の措置

(運行の範囲)

第6条 このバスの運行上の範囲等については、次のとおりとする。

(1) 距離的範囲については、原則として県内とする。ただし、緊急事態その他止むを得ない事由により使用用件が生じた際においては町長の許可を得た上でこの限りではない。

(2) 時間的範囲については、原則として1日とする。ただし、緊急事態その他止むを得ない事由により使用用件が生じた際においては町長の許可を得た上でこの限りではない。

(使用の許可)

第7条 使用許可申請書に基づき総務政策課長は町長の決裁を得たのち、使用許可書(別記第3号様式)を発行するとともに、使用者の責務について確認を行うものとする。

(負担)

第8条 このバスの使用者は、使用許可申請時に搭乗者保険相当額を納付しなければならない。ただし、町長の認めるところにより免除することができる。

2 前項の保険料相当額は、1回につき5,000円とする。

(その他)

第9条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規程は、平成24年12月1日から施行する。

附 則(平成29年3月14日規程第2号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(令和元年5月31日規程第4号)

この規程は、公布の日から施行し、令和元年5月1日から適用する。

別記第1号様式

画像

別記第2号様式

画像

別記第3号様式

画像

人員輸送車(マイクロバス)使用規程

平成24年11月20日 規程第5号

(令和元年5月31日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成24年11月20日 規程第5号
平成29年3月14日 規程第2号
令和元年5月31日 規程第4号