幼稚園について

幼稚園は、3歳以上の子どもが適切な環境で一定の教育を受けることができる学校です。入園にあたっては、それぞれの園へ保護者が直接申し込みます。

町内の幼稚園

岩田幼稚園(私立)

〒649-2102

和歌山県西牟婁郡上富田町岩田1764番地の1

電話番号 0739-47-2001

ホームページ http://iwata-kids.jp

入園希望の方は、園へ直接お問い合わせください。

幼児教育無償化について

令和元年10月から、幼稚園に通う子どもの保育料(授業料)が無償となっています。無償化の適用を受けるためには、下記の手続きが必要です。

教育標準時間における給付認定

入園内定後、園を通じて申請手続きを行っていただきます。町から認定を受けると、教育時間の保育料が無償となります。ただし、給食費、教材代、保護者会費等の実費は、引き続き保護者の負担となります。

新制度移行幼稚園、認定こども園(幼稚園の部)

子どものための教育・保育給付1号(子ども・子育て支援法第19条第1項第1号)の認定を受けることにより、教育時間部分の保育料が無償となります。

新制度未移行幼稚園(私学助成園)

子育てのための施設等利用給付1号(子ども・子育て支援法第30条の4第1項第1号)の認定を受けることにより、教育部分の保育料が上限付きで無償となります。1か月の上限は、25,700円です。入園料等を合わせて1か月の利用料が25,700円を超える場合は、残りが保護者負担となります。

預かり保育における給付認定

幼稚園等で預かり保育を利用される方のうち、就労など家庭で保育ができない事由がある世帯は、町へ子育てのための施設等利用給付2号または3号の申請をしていただくことにより、預かり保育の利用料が上限付きで無償となります。そのうち、3号認定に該当する年齢の児童(満3歳児クラス)は、市町村民税非課税世帯のみが対象となります。

認定を受けると、「1か月の預かり保育料」と、「450円×1か月の利用日数」または11,300円(満3歳児クラスは16,300円)を比較して、低い方の額が助成されます。上限を超えた分の保育料及び、おやつ代等の実費は保護者負担となります。

在園(入園)する園を通じて、申請書と保育を必要とする事由を証明する書類(就労証明書等)を提出していただく必要があります。保育の必要性の認定基準は、保育所と同様です。

申請書は、園から配布されます。就労証明書については、パソコンでの作成も可能ですので、下記のファイルをダウンロードしてご利用ください。ただし、お勤めの方は、会社の担当者が作成するものですので、自ら作成しないよう注意してください。

就労証明書(Excelマクロ有効ファイル)

保育の必要性がない場合や、保育の必要性を認められなかった場合でも、自己負担で預かり保育を利用することは可能です。

副食費の助成

下記に該当する方は、給食費のうち、副食費(おかず代等)が免除されます。預かり保育時のおやつ代、長期休業中の給食費は無償化の対象外です。

国の基準による減免

  • 市町村民税所得割が77,101円未満(年収約360万円未満相当)の世帯
  • 小学校3年生以下の子どもから数えて第3子以降

紀州っ子いっぱいサポートによる減免

和歌山県と町で実施している保育料や副食費の減免制度で、申請が必要です。申請が必要な方には、園を通じて案内をしています。下記の児童が対象です。

  • 上記の国の基準に該当しない世帯のうち、世帯内第3子以降

 

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 子育て支援班

〒649-2192
和歌山県西牟婁郡上富田町朝来763番地
電話番号:0739-34-2373 ファックス:0739-47-4005

メールでのお問合せはこちら

更新日:2022年06月16日