第十回特別弔慰金について

 トップ> 


            
  第十回特別弔慰金について

 【重要】
平成28年1月から、請求時に個人番号(マイナンバー)が必要になります。
窓口に来られる際は、「個人番号カード」、「通知カード」、「個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書」のいずれかを持ってきてください。

 

平成27年の特別弔慰金支給法の改正案において、戦後70周年に当たり、改めて、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者の尊い犠牲に思いをいたし、国は戦没者を忘れないという証である特別弔慰金を継続支給することとしました。

 1 請求期間
平成27年4月1日から平成30年4月2日まで
 2 国債の名称・額面
名称  第十回特別弔慰金国庫債券「い号」
額面  25万円(5年償還の記名国債)
 3 基準日
平成27年4月1日
戦没者等の遺族が第10回特別弔慰金を受けるために必要な諸要件をみたしているかどうかといった判定は、この日を基準にして行われます。
 4 対象者
平成27年4月1日(基準日)において、公務扶助料等の年金給付の受給権者がいない場合に、①弔慰金の受給者、②戦没者の子、③戦没者の父母、④戦没者の孫、⑤戦没者の祖父母、⑥戦没者の兄弟姉妹、⑦その他の三親等内親族の順番で、最先順位の遺族1人に支給されます。
※父母・孫・祖父母・兄弟姉妹については、戦没者等と生計を有していたかなどの条件により順位が変わります。
※その他の三親等内親族については、戦没者と死亡時まで引き続き1年以上戦没者等と生計を有していたことが条件になります。
 5 提出書類
「請求書」、「印鑑登録申出書」、「現況申立書」、「基準日における請求者の戸籍抄本」など
※請求書等の様式については、住民生活課生活グループ③番窓口でお渡ししています。
※前回受給者かどうかにより、提出書類が異なりますので、お問い合わせください。
 6 問い合わせ先
県庁福祉保健総務課(☎073-441-2471)または
上富田町役場住民生活課生活グループ③番窓口まで (☎0739-34―2373)まで
 7 その他
請求の手続きが終わるまで、時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承願います。
また、手続きを行う上で、印鑑(シャチハタ不可)が必要になりますので、 忘れないよう注意してください。